看護師 求人 渋谷区

空港に勤務したい看護師のための就職口とアドバイス

空港といえば、愛知の知多半島に中部国際空港といういわゆるセントレア空港があるわけなんですけれども、その空港のすぐ近くにあるまるは本館って知っていますか?かなり高級な店内なので、かなりリッチな和食屋さんに来ちゃたんじゃないかって一瞬錯覚してしまうんですけど、お値段の割にはとってもボリューミーなご飯がでてきて満足できるはずですよ。

看護師として空港で勤務したい場合、その道は2つあります。空港の診療所に勤務するという方法と、空港検疫所に検疫係として勤務する方法です。

空港の診療所で働くためには、その空港の派遣元の病院から派遣される必要があります。そのため、就職先は、その派遣元の病院ということになります。もし、その病院がわからない場合には、空港側に直接、問い合わせてみても良いでしょう。

もちろん、その病院に就職したからといって、必ず空港に派遣されるわけではありません。就職先の病院で、空港勤務の希望を伝えると同時に、必要になるスキルを磨いておくことが重要です。

具体的には、救急を経験しておくことや、英語のスキルを身につけておくことが挙げられます。それは、空港の診療所で看ることになる患者さんは、多くが救急であるため、また、他の職場と比較して、外国人の利用者が多いためです。

一方、空港検疫所への勤務を希望する場合には、まったく別のコースを辿ることになります。まず、検疫係の職業的身分は、厚生労働技官ということになり、公務員です。ですから、必然的に、公務員試験を受験し、合格することが不可欠となります。尚、検疫係は、医師、看護師のいずれかを指定して募集していることが多いので、よく確認して応募する必要があります。

単に空港に勤務するといっても、やりたい仕事の内容によって、ルートはまったく異なってきます。就職先は、この2つのケースのいずれも空港ではありません。自分が具体的に何をしたいのかを定めたら、まずそのルートがどうなっているのかを確認した上で、進路を決めていくことが大切です。

バーンアウトする前に!知っておきたい看護師の燃え尽き回避術

現在、日本では、全国的に看護師のバーンアウトが問題になっています。バーンアウトというのは、燃え尽き症候群のことであり、過重労働によって、文字通り「燃え尽き」てしまう、働く意欲を失ってしまう状態を言います。

看護師という職業は、忙しい、きつい職業であり、そのためにバーンアウトしてしまう人も少なくありません。その要因としては、繰り返し直面する死、1日の半分以上を病院で過ごす勤務体制、少人数の夜勤で休憩が取れないことなどが挙げられています。こうしたバーンアウトを未然に防ぐために、何ができるでしょうか。

まず、働く看護師自身に可能な予防方法は、とにかく「辛い」と感じた時に、それを1人で抱え込まないことです。看護師の仕事は、決して綺麗なものではなく、また、人の命を預かる、緊張感の伴う仕事ですから、ストレスが溜まることも多いものです。仲間や家族、親友など、この人になら話せるという相手を見つけ、自分の辛さを話してしまうことで、その感情を整理することが、非常に重要です。

職場の勤務体制もまた、重要な課題です。入院病棟のある病院では、一般的に3交代制が取られ、日勤(通常勤務)、準夜勤、夜勤、というシフトになっていることが多くあります。そのシフトの中で、前日に準夜勤、その後日勤、といった形でのシフトが組まれることも稀ではなく、さらに交代時の引継ぎなどで規定よりも長い時間、勤務していることも多々あり、過酷な労働が強いられている現状が存在しています。

このような実情があるために、看護師の離職率は非常に高く、特に女性が多いこともあり、結婚、出産、育児などをきっかけに離職し、戻ってこないというケースが多発しているのが現状です。また、就職して1年以内に離職する人も、かなりの割合で存在します。そのように離職が多いだけに、慢性的な看護師不足に陥っている中小病院が多く存在し、さらなる過酷な労働状況を生み、離職者を増やし続けるという、負のスパイラルに陥っているのです。

こうした状況を改善するためには、いくつか方法があります。短時間勤務の看護師を積極的に採用することや、ブランクのある人材の再教育制度を確立することだけでも、人手不足の解消に役立ちます。特に、夜勤のみを週に数回行う看護師等の雇用は、有効な策と言えるでしょう。また、手厚い看護が必要な診療科に、より多くの看護師を配置するなどの工夫をすることで、実質的な負担を軽減することも大切です。

看護師資格を活かして海外へ!ワーキングホリデーを楽しもう

ワーキングホリデーとは、提携している地域、国に出かけて、そこで働きながら学び、休暇を楽しむというものです。もちろん、働くことはできても、始めてすぐに給料がもらえるというわけではないですから、初期の滞在費、生活費、それに研修等にかかる費用を用意して出かける必要があります。

ワーキングホリデーの対象年齢は18歳~30歳となっています。近年では、セカンドワーキングホリデーといって、2年間滞在、または2度目のワーキングホリデーというプログラムもありますが、通常の滞在期間は1年です。日本と提携をしている国には、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、韓国などの近隣アジアの一部、イギリスなどのヨーロッパの一部といった国々があります。

日本の病院で看護師として働こうとすると、看護師不足のために、その仕事はかなりハードなものであり、残業などは当たり前、休憩もろくに取れない、ということがしばしばあります。けれども、海外へ出て看護師になってみると、定時に終わるのは当たり前、給料は、その専門性を十分に考慮したものとなっていて、その待遇の良さを感じることも珍しくありません。

通常、ワーキングホリデーで海外へ行く場合、看護師の資格はまったく活かせません。看護師資格は国際資格ではなく、日本独自のものだからです。けれども、プログラムによっては、海外の看護師資格を取る、という目標を掲げているものがあり、日本で看護師の免許を持っていると、特に実務経験があると、通常よりもずっと短い期間で、海外の資格が取れる場合があるのです。

語学を学ぼうと海外に留学し、せっかく学んだ英語を、あまり活かせずに看護師をしている人もいます。一方、海外で資格を取ってしまえば、就労ビザを取得して、再度渡航し、その国の看護師になるという道が開けます。日本と比べて待遇の良い病院に就職することも、可能になるのです。

泌尿器科に男性看護士を!求められる人材とその理由

通常、看護職には女性が多いものです。女性の細やかな心配り、優しい母親イメージなどがつきまとう職種ですし、その華やかで献身的なイメージを求める女性が、看護婦になりたいと志願するケースが多いためです。

こうしたイメージもあり、男性の看護士が求められる職場といえば、夜勤の多い病院や、救急救命センター等の、きつい仕事が多いのですが、それ以外にも、診療科によっては、男性の看護士のほうが歓迎される場合があります。その代表的なものが、この「泌尿器科」です。

泌尿器科という診療科は、膀胱炎や前立腺癌、包皮症などの治療の他に、男性の性病の治療、男性が原因の不妊の治療などを行う一方、女性の性病や不妊治療は扱わない診療科で、訪れる患者も多くが男性です。というのも、女性の性病、不妊などは、婦人科が専門になっていますし、包皮症などは男性ならではの問題だからです。

泌尿器科で診察を受ける男性患者さんの中には、「女性スタッフに見られるのは恥ずかしい」とか、「抵抗がある」という方も多く、インターネットの質問サイトでも、頻繁に「看護士が男性だけの診療所はないか」等の質問が寄せられています。手術中に、女性看護師に笑われているのではないか、などの心配をされる方もいらっしゃいます。また、見られるということがない場合でも、非常に繊細な部分を扱うということもあり、女性看護師に渡された問診表に、正確な症状を書かない方もいらっしゃいます。

そこに男性看護士が配置されていると、男性同士ということもあり、患者さんも自分の抱える症状を気軽に相談しやすいようで、近年、男性の看護士を求める泌尿器科の診療所が増えているのです。実際、そうした診療所を探して訪れる患者さんも多数いらっしゃいますから、看護師としては珍しいですが、男性のほうが求められる職場であると言えるでしょう。

看護師の勤務時間の実体は?職場でこれほど違う待遇

病院勤務の看護師の場合、一般的に3交代制というシステムがとられ、日勤、準夜勤、夜勤という区分になっている場合が多くあります。一方、入院病棟のない診療所では、午前9時前ごろから午後1時(実際にはもう少し遅くなることが多い)、午後3時前から午後6時、残業ありという形での勤務が多く、夜勤等はありません。

新卒の看護師の就職先は、奨学金を出している病院であることが多々あります。また、医療器具がそろった環境で、キャリアを積みたいと願う看護師が多いこともあり、大病院に人気が集まります。

病院に勤務する場合の3交代制は、1人の看護師の準夜勤、夜勤の合計が72時間を越える場合、診療報酬が下がるという状況もあって、病院側としても、できるだけそれを超えないようにシフトを組むことになります。そのため、準夜勤、夜勤とも2人体制になってしまったり、妊娠して夜勤から遠ざかりたいと望む看護師にも夜勤を求めたりということが、しばしば起こります。また、本来の勤務時間よりも1時間早く病棟に入り、引継ぎなどを確認することが日常になっている病院も存在しています。

もちろん、十分に人員が確保できている病院では、休憩が取りやすいシステムになっていることもあり、無理なく勤務できる場合もあります。ただ、看護師の人手不足により、どうしても72時間を越える夜勤が行われてしまう病院も存在しています。また、一部病棟を閉鎖し、余った看護師を別の病棟に配置するという病院もあるため、小児科、産婦人科などの病棟が閉鎖され、問題になっている事実もあります。ひっきりなしに鳴るナースコールで、帰りたくでも帰れない状況になる病院もありますから、病院による差は、随分、大きなものです。

激務を避けるため、妊娠した看護師が、また、時には入って1年未満の看護師が、次々と病院を去るようなケースがあります。看護師として働くことを辞めてしまう人もいれば、診療所など、より余裕を持って働ける場所へ移る人もいます。実際、入院病棟のない診療所では、夜勤もなく、安定して同じ時間帯に仕事ができるため、育児に忙しい看護師、年齢によって体力が衰えた看護師が働きやすい環境と言えます。

母子家庭の母親でも看護婦になれる?奨学金制度の活用術

看護婦になるためには、まず学校に行って、国家資格を取って、と、何かとお金がかかりそうですよね。母子家庭の母親ともなれば、ただでさえ生活、子育てでお金がかかるのに、自分も仕事をやめて大学に行って、などとはなかなか考えないかと思います。

けれども、看護婦になるためにかかる費用の負担は、かなり軽減することができます。そのために利用できるのが、病院などで出している奨学金制度です。これは、通学する間、一定の金額を病院側が負担する代わりに、卒業後に決まった年数を、その病院で働くことで、返済を免除、または減額するというシステムです。この奨学金制度を上手に活用すれば、学校に通う費用の一部を免除されるのと同様の状況をつくり出すことができます。

それでも、奨学金だけではとてもやっていかれない、という方はいらっしゃるでしょう。看護職には、正看護師、準看護師、看護助手、という区分があり、このうち看護助手という仕事は、無資格でもできるようになっています。もちろん、医療行為は行いません。昼間は学校に通い、夜は看護助手として働く、という生活を送ることが可能であれば、働きながら学校に通うことができます。そして、学校を卒業したら、準看護師として働きながら、資格を取ることができるのです。

ただ、この奨学金制度や看護助手という仕事を活かして学校に通うことにしたとしても、「子どもが小さい」「面倒を見てくれる家族がや友だちがいない」という条件の下では、やはり難しいと言わざるを得ません。と言いますのも、看護学校では、必ず看護実習というものがあり、その実習中は、非常に忙しい状態になってしまうからです。小さい子どもの世話をするほどの暇はなく、この実習をクリアした母親は、「子どもが大きいから」「ずっと家族に子どもを預けておけたから」可能だった、という話を聞きます。

それでも、資格を取ってしまえば、看護師のお給料はそれなりに高いですから、そうした環境的な条件が整うのであれば、是非ともやってみる価値はあると思います。

非公開求人も見逃さない!看護師の病院選びのポイント

勤務先を決める際に、まず考慮すべきことは、自分がその時々において、目指す方向性を持っておくことです。新人の看護師であれば、研修、研究システムがしっかりとした、最新の機器がそろった病院に勤務するほうが、スキルアップができます。また、出産、子育てをしようとすれば、夜勤が頻繁にある病院で勤務するのは負担になってしまうでしょうし、もちろん、年齢により、体力に衰えが生じる場合も同じです。

勤務したい病院や診療所を選ぶ際に、是非とも知っておきたいことは、非公開求人の存在です。一般的な求人と異なり、看護師を募集する求人情報には、非公開になっているものが数多く存在します。そして、往々にして、こうした求人情報は公開されているものに比べ、待遇が良いのです。なぜ、このようなことになっているのでしょうか。

多くの看護師は、より良い給料、より良い待遇を求め、転職します。実際、転職をした看護師のほうが、新卒から同じ職場に定着している看護師よりも、給料が高いという現状があります。女性が多い職種であることもあり、そのライフスタイルに合わせて職場を変えていくことは、合理的なのです。

結婚後の女性ナースに、転職先として頻繁に選ばれるのは、休暇が取りやすく、給料が高く、夜勤がない職場、または少ない職場でしょう。また、夜勤がある職場においては、安い金額で入れる寮があることも、魅力的な病院の条件になります。

待遇の良い職場を公開求人で募集してしまうと、その病院、診療所に応募が殺到し、病院側にも負担がかかってしまいますし、効率的ではありません。応募数が増えれば、当然、選考漏れする看護師も、その分多く出ることになります。ですから、選抜の際に、双方に手間がかかりすぎないように、あえて病院側の希望で、非公開求人という形で募集しているのです。

非公開求人というのは、ハローワークや求人雑誌に載っていない、たとえばインターネットなどで氏名やメールアドレスを登録し、特定のパスワードを入手して閲覧する、などのシステムになっている求人情報です。その気になれば、気軽にアクセスできるようになっているため、転職したいと思ったら、とりあえず登録してみることをお勧めします。

新卒の場合、最初に就職する時には、奨学金を借りた病院に勤務するのが一般的になっていますが、ある程度の年数が経ってしまって、ずっと同じ場所に勤務する看護師は少数で、転職、または退職するケースが多いのが実情です。もし退職ではなく、看護師として働き続けることを希望するのであれば、給料、勤務時間、体制など、自分が「ここなら」と思える場所を、非公開の求人も含めて、確実に見つけていただきたいと思います。

私の性格、看護師に向いてますか?性格適正、ここが分かれ目!

看護師を志す人の性格は、一般的に親切で、思いやりのある性格であることが多いでしょう。華やかなイメージを持ち、看護師に憧れる人もいるでしょう。けれども、単に親切なだけでは、また憧れだけでは、看護師という仕事は勤まらないのも事実なのです。

看護師という職業は、一見、華やかなようで、決して綺麗な仕事ではありません。人の命を預かる、非常に緊張感を強いられる仕事であると同時に、人間の血液、臓器、排泄物などと、日常的に向き合っていかなければならない仕事です。血液等に対しては慣れも生じますが、繰り返し直面する死に対して、毎回のように自分に責任を感じてしまうようでは、身がいくらあっても持たないでしょう。

看護師として働く上で、気が強いということは重要です。自分に責任のないことまで自分のせいだと思い込んでしまうような性格では、バーンアウトしてしまいます。やりたくない仕事を他の看護師に押しつけるようでは困りますが、看護師は激務ですから、自身のキャパシティーを超えるほどの仕事を引き受けてしまっても、バーンアウトの要因になります。

同様に、1人で問題を抱え込んでしまう性格も、バーンアウトする原因になります。何か不満や辛いことなどがあった場合には、家族でも友だちでも構わないので、相談できることが重要です。また、何かミスをした場合にも、それを1人で無理に解決しようとせず、医師などに相談できる性格であることが必要です。

患者からの理不尽な要求や、ただ寂しいからという理由だけで繰り返し鳴らされるナースコール、いやらしい態度の患者には、毅然とした態度で対応しなければなりません。特に前者の場合、応えたいという気持ちもあるかもしれませんが、こうしたものに逐一応えていると、実際、身体がいくつあっても足りません。

また、看護師は、人と接することが必要な仕事ですから、対人関係が苦手では勤まりません。診療科によっては、非常に気を遣わなければならない場面も多々ありますので、細やかな心配りができることが重要になります。患者からのクレームに対応しなければならないこともありますから、そうした場合にきちんと話を聴くことができることも大切です。

このピアス、就職に不利ですか?看護師の就職とピアス事情

看護師は女性が多い職種の1つですから、当然、恋もおしゃれも、大切ですよね。その一方で、清潔感が求められるお仕事ですから、茶髪やピアスは就職に不利では、というご心配も、無理はありません。実際のところは、どうなのでしょうか。

現在、お仕事をされている看護師さんの中には、金髪に近い明るい茶髪の方、耳にはピアスをされている方もいらっしゃいます。華やかさを求めてこの世界に飛び込む人もいるくらいですから、派手な服装の好きな方もいらっしゃいます。

ただ、看護学校に通い始めてみたら、その雰囲気に押されて、いくつもあったピアスの穴を、左右1つずつまで減らした、という方もいらっしゃいますので、学校の雰囲気などを見て決めるという方法もあります。また、看護実習に入る際、ピアスを外す必要がある場合もあります。

就職の際のピアス等は、職場によるというのが実情で、ピアスOKという職場もあれば、アクセサリー類はNGというところもあります。ただ、一般的に、女性よりも男性のピアスには、厳しい視線が向けられてしまいますし、都市部よりも地方において、より敬遠されやすいようです。

ピアスはダメという職場がある現状は否定できず、単純に就職に不利かという点については、選択の幅が狭まるという意味において、多少不利です。ただ、先ほどから書いている通り、現にピアスをして働いている看護師は多数存在しています。ピアスをしているから絶対不採用か、というわけではなく、慢性的な看護師の人手不足もあって、かなり規則の緩い医療機関は存在しているのです。ですから、もしどうしてもピアスをしたいということであれば、ピアスOKの職場を選べば良いと言えます。

とはいえ、看護学校で病院の奨学金制度を利用する場合はこの限りではなく、最初に勤務する病院が、その制度利用の時点で決まってしまいますので、その点には注意が必要です。また、明るすぎる茶髪や、肩より長いにもかかわらず結っていない髪型、派手なピアス等は、特に年配の患者さんの受けがあまり良くないということは、理解しておいたほうが良いでしょう。

「このナースが打つの?」と患者を不安にさせない予防接種の打ち方

予防接種は、一般的には医師が行うことになっています。もちろん、ナースにも注射を打つための練習機会がありますし、資格もあるのですが、実際に予防接種を行う場合、医師の許可が必要になります。

そのような状況の中、一般の人々の中には、「注射は医師が行うものだ」と思っており、単純にナースが行うというだけでも不安になる人もいます。その時、そのナースが説明書を読みながら、「あれ?」などと呟き、注射を行っていたとしたらどうでしょうか。当然、予防接種を受ける側としては、不安になってしまいますよね。では、予防接種をする際に、看護師はどのような手順で、また、どのような態度で行う必要があるでしょうか。

まず、「説明書を見ながら」注射を打つのはやめましょう。忙しく、あまり余裕がないかもしれませんが、患者を不安にさせるような医療行為はNGです。説明書は、実際に予防接種を行うよりも前に熟読し、きちんと理解しておきましょう。また、実際の道具を用いて、事前に確認ができていると、尚良いです。

注射液をつくる際、液体をこぼしてしまう等のミスは起こり得ます。蒸留水のような、まだワクチンが溶けていないものをこぼした場合には補充すれば十分ですが、既に粉末を溶かしたものをこぼした場合などには、新しいものを使う必要があります。元の量が数ミリリットルという量であれば、少量の変化が、確実にその結果に影響してしまいます。

注射針は、1人1人取り替えるのは当然としても、もし自分の身体に針が刺さってしまった、等のアクシデントが発生した場合、そのまま刺してはいけません。この場合も、必ず針を取り替えます。

患者さんの前で、「違う」「間違い」「失敗」「あれ?」などの発言をしてはいけません。このような言葉は、患者さんを不安にさせてしまいます。もし、何か失敗をしてしまった場合には、黙って修正し、患者さんには自信を持った表情で接することが大切です。

次に、予防接種を行う時の手順として、患者さんにはまず、医師と相談してもらうほうが良いでしょう。予防接種を希望してきた患者さんを医師に会わせる前に、いきなりナースが出てきて注射では、看護師に注射を行う資格があると理解している患者さんでも、「大丈夫だろうか」と思ってしまいます。最初に医師からの説明を受け、「ナースが予防接種を行う」と言われた上で、であれば、受けるほうとしても、安心して予防接種を受けることができます。

予防接種を受けるのは、一般に子どもの頃のほうが多く、特に幼い子どもで、母親にあやされながら、泣きながら注射を受けるというケースも、かなり頻繁にあるはずです。子どもに予防接種を行う場合、子どもが暴れてしまったり、最初から泣き喚いていたりしては、本当ならそこまで痛くない注射でも、ずれてしまうなどして、かえって痛い思いをさせてしまう危険性もあります。

乳幼児を相手にする予防接種の場合、玩具をちらつかせたり、顔を見て声かけを行ったりすることによって、彼らの気を紛らわすことも必要でしょう。もちろん、身体を動かさないように、しっかりと押さえておくことも大切です。